HOMEHOME > サステナビリティ > SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
すべての人々にとってよりよい、より持続可能な未来を築くための青写真です。
貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。
SDGsの目標は相互に関連しています。誰一人置き去りにしないために、2030年までに各目標・ターゲットを達成することが重要です。
 

事業を通じた大王製作所のSDGs貢献の取り組み

環境

ISO14001への取りくみ

循環型社会形成推進基本法にもとづく3R「(1)リデュース (2)リユース (3)リサイクル」活動は当然のこととして、 地球環境に優しい素材の積極的な導入や不良品を発生させない仕組み作りにより無駄な資源を浪費しないようにするなど、 地球環境を意識した「優しい」商品の提供を目指しています。

大王製作所の考える環境マネジメントシステム(環境を考えることは品質を考えること)環境というと一般に思いつくのは資源(コピー紙など)の削減や省エネなど身近なところですが、 大王製作所がもっとも力を入れているのは不良品を造らない仕組み作りです。

不良品を出すということは、不良品そのものの資源の無駄にもなり、再度作り直すため倍の環境負荷を与えることになってしまいます。

つまり、環境を意識した活動は品質にもつながるということです。私たちは品質を向上させることで環境負荷を減らしていきたいと思っています。

私たちにできること

どんなときにも「もったいない」と思える感覚があれば、環境保全につながる活動ができるはずです。 結局は人。 「もったいない」の気持ちはコストダウンにつながり、結局はお客様に還元できるもの。

大王製作所では、普段からの意識付けに気を配り、毎日全社員チームで清掃してプチ「もったいない」を発見したり、みんなで集まって社内講習を受けたり、 議論したり明るく楽しく環境問題に取り組んでいます。

エコスタイルカンパニーを目指して

みなさんが行っている身近な活動「リサイクル」。でも「リサイクル」に投入されるエネルギーを考えるともっと身近にできることがあると思うのです。それは、長く使い続けること。

大王製作所では、長寿命化を意識したエコデザイン開発とともに、主力の一つであるパーツに注目。 従来の3Rに加えて「まだまだ使える」-Repair方法の紹介と推進をし、エコスタイルを実践するユーザーをサポートしていきたいと考えています。

環境 安全

有害物質に対する当社の取り組み

人と自然にやさしい - 鉛フリー/CPSC/EN71対応/RoHS
当社取り扱いの商品に関連するMSDS(化学物質安全性データシート)やRoHS、CPSC、EN71などの規制に対応した有害物質の検査結果などの情報を随時公開しております。

大王製作所では積極的に鉛フリー化を進めていますが、2006年に中国工場から鉛フリー製品として輸入したパーツに鉛が混入するというトラブル(輸入開始時の事前検査では鉛フリーとして合格していた)を 経験し、輸入入荷時の毎回の受入検査及び出荷前検査を強化すべく、蛍光X線分析装置を自社で購入設置して、サンプリング検査をしていくことで品質保証の確保を適宜行っております。

また、お客様からの要望に応じて即日鉛を含むRoHS規制の6物質について蛍光X線分析装置を用いた含有検査結果を報告する体制を整えております。

当社金属製アクセサリー類に含有する鉛の問題に対する対応について

一連の「金属製アクセサリー類に高濃度の鉛が含まれている問題」の報道の中では、中国製をはじめとする輸入品や子供向けの安価な商品に多く鉛が含まれている印象を与えますが、 実際にはどのような製法によって作られたものなのかによります。

しかし、食品衛生法の改定により平成20年10月1日以降に製造又は輸入されるものに関して、乳幼児が接触することによりその健康を損なうおそれがある、 「乳幼児がアクセサリーとして用いる玩具」がようやく規制の対象となった程度で、残念ながら製造する側、販売する側、消費する側の全てにおいて鉛に対する認識が甘く、 日本国内においても未だに鉛を多く含む材料、製法を用いた金属製品が子供向け金属製アクセサリーに限らず、広く製造され流通しているのが現状です。

当社としては、これを機会に鉛に対する認識を改め、製品中における鉛の含有状況の把握に努め、当該製品への鉛含有の状況及び取扱の注意喚起を行っていくと同時に、 規制の対象有無に関わらず鉛フリー化に向けた製法の開発、商品の開発を進めてまいります。

バイオマス(植物由来)プラスティックの採用

当社では、従来の石油由来のプラスチック製品をトウモロコシなどの自然素材を原料とした植物由来のプラスチックへと積極的に切り替えを行っていきたいと考えています。

一般のプラスチックに比べて焼却時のエネルギーが少なく、製造時のCO2発生量も約30~40%低減できます。また、植物性プラスチックは土中、 水中の微生物により水とCO2に分解される地球環境に優しい素材です。

しかし、従来の製品に比べて、原材料が高価で、従来の製法では容易に成型ができない、また良質な原材料を中国内で調達が困難など難題も多く抱えています。

現在は、バイオマス(植物由来)プラスティックであるPLA(ポリ乳酸)を用いて根付紐を製品化済み。その他、靴べら、防犯笛、名刺ケース、ペットボトルオープナー、 クリップなどの試作を進めています。

カーボンリサイクルの説明

動物愛護・保護

毛皮の生産には動物の命の犠牲が伴います。
毛皮製品の生産は羊毛のように毛だけをカットするのではなく、皮をはがして生産されます。

これらの動物は捕獲や飼育によって調達されますが、いずれの手段においても、その残虐性から、世界で毛皮反対の動きが拡大してきていました。

ところが最近、一部の飼育環境が改善されたといって再び本物の動物の毛皮の流行が拡大しつつあります。

弊社は動物愛護や保護を固く指示する立場をとっている企業ではありませんが、命の尊さや自然環境の保護の観点から、過剰な供給であってはならないと考えております。

例えば、ワンシーズンだけの流行やボンボンなどの小物アクセサリー用なら、本物ではなく擬似の毛皮「=フェイクファー(エコファー)」を選択できるよう、 代替商品を提供していくことで協力してまいります。

アニマルライツセンター

新しい働き方

目標8「働きがいも経済成長も」について紹介します。

「働きがい」を感じて、経済成長もするために現在は東京都TOKYO働き方改革宣言奨励金を活用した働き方改革の推進をしています。

また東京オリンピック大会時の安全・円滑な輸送サービスの提供と、都市活動や経済活動の安定との両立を図ることを目的としている 東京都オリンピック・パラリンピック準備局の2020TDM推進プロジェクトへの参加と、新型コロナウイルス感染予防対策として時差出勤、在宅勤務を推進し、 時差出勤は勤務時間帯を4段階に分け、分散いたしました。
在宅勤務については一人週2日間を目安に計画的に在宅勤務を実施中です。

『働きがい』は人によって異なりますが、弊社では、このような時差出勤、在宅勤務、また有給休暇や育児休業の促進も含め、 多様な働き方を積極的に取り入れることにより個々の勤務スタイルが働きやすい環境になり、結果として生産性向上につながることを期待しております。

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせはこちら 東日本 03-3876-1345
  • お問い合わせはこちら 西日本 06-6643-7801
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求
  • 商談予約
  • オリジナルグッズ 製作の流れ
ページトップ